思い出す。

紙ひこうきはどんな店?って思ったらここをクリック



【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880



・昨日書いたことなんだが、ふとした時に思い出すことがあったりするよね?

思い出すってことは忘れてるってことにもなるよね?

人は忘れる。

いろんなことを忘れてしまう。

いろいろ共感したり、いろいろ影響受けたりするんだけど忘れてしまうことがたくさんある。

でも、忘れるっていうのは頭から完全になくなるってことではない気がする。

単純に何か物をなくしたとしても、そのものは消えるわけではない。どこかに存在してるが見つからないだけ。

それに近い感じなんじゃないかな?

忘れるってどっかに頭の奥に潜り込んじゃってあることに気がつかなくなることのように思うんです。

でね、ふとした拍子に見つかったりするんだと思うんだよね。

例えば大震災の時命の大切さや、時間の有限さを感じたけど、毎日命の大切さを意識したり、時間を大切にできなかったりしちゃう。

時間に追われたり、忙しい中で、それを意識する余裕がなくなり、知らない間に、どっかちょっと忘れてる。

でも、なんかのタイミングでまた、その想いは蘇ってきたりする。

大切なこと。

必要な想い。

そんなことすらも、僕らは時として、忘れてしまう。

でも、それは無くなってるんじゃない。

ちょっと他に追いやられて奥に潜り込んじゃってるだけなんだよね。

なんだろう、ふとした時思い出せるなら、たまに頭の引き出し整理してそれを確認することで忘れる時間を短くしていけるかも?なんて思ったりする。

大切な想い。

なんだろう。

それをちょっと時間あったときに考えよう。

大切な想い。

とたまに頭の中でつぶやこう。

大切な想いをたまに引っ張りだそう。

忘れてもしょうがないけど、きちんと思い出そう。
大切が大切であることをしっかり引っ張りだそう。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとうございます。

ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

日曜日のランチは

オムカレー

鶏と卵のどんぶり

です。

夜はガージェリー、イグネット、ビクトリアビター等あまり見かけない美味しいビールも常備しています。
まだな人是非ご賞味ください。

皆様のご来店お待ちしています。


[PR]
# by kamihikohki_s | 2017-06-25 00:23 | Trackback | Comments(0)

亀の歩み

紙ひこうきはどんな店?って思ったらここをクリック



【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880



・最近あんまり考え過ぎず始めようとか、
興味もったら、ちょっとでも手につけようとか思ったりしてます。

そんなにか、けっこう前ウタウタイさんの齊藤勇貴くんがカメ好きなんですよ〜〜なんて会話を思い出した。

亀の歩みって意味の英語でなんか始めようかなぁ〜なんて会話をした。

Turtle walks

だったかな?

考えすぎず始めたり、すぐ手をつけたりっていうのと

亀の歩みTurtle walksは相反するように感じる…

なぜ急に思い出したのか?

心や頭は不思議なことをたまにする。

相反するように見えることをふっと思い出したり、
悩み盛りだくさんの時になんとかなるなんて開きなおらしたり。

これはあれなんだ。

偏りがちな考えを記憶や経験がちょっとだけ偏り防止してくれたりしてるのかもしれない。

ちょっと前堀江さんの多動力なんて本を読んでちょっと影響されて、見切り発車でも始めることの大事さを感じた。

しかし亀の歩みのように一歩づつしっかり歩む大事さも思い出した。

相反するように感じるが実は共有できる考えかもなんて考えたるしたしだいです。

始めるは俊敏に、そこからは一歩づつしっかり歩む方がいいかも?

なんて自分なりの考えをだしたりしました。

なんというか、無駄話の中にもふとヒントをくれたりするもんだなぁなんて思ったりした。

会話全部は覚えていないことでも、ちょっとの言葉が隅っこにしまってあったりする、それはあんまり意識的じゃないときに現れちょっとだけ助けてくれたり、ちょっとだけ背中押してくれたりする。

ちょっとだけでもそんな言葉を継ぐんでいけたらいいなぁ〜なんて思ったりしました。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとうございます。

ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

土曜日のランチは

クリームペッパーオムライス

豆腐と挽肉のピリ辛丼

です。

夜は変わり種のお酒もいろいろあるのでBAR感覚のご利用もできますよ

皆様のご来店お待ちしています。


[PR]
# by kamihikohki_s | 2017-06-24 10:01 | Trackback | Comments(0)

好きが伝わる言葉

紙ひこうきはどんな店?って思ったらここをクリック



【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880



・言葉とは面白い。

いい言葉だからいいわけでなかったりすることがある。

例えば友人を誰かに紹介する時

彼は成績優秀で素晴らしい。

っていうのと、

こいつバカでどうしようもないとこあるんだよ、でもいいやつだよ。

っていうのとでは

なんとなく後者の方がよく感じたりする。

そこには、なんといいましょうか

「好き」

が見える。

ものでも、人のことでも、すごく褒めていてそれが嘘じゃなく本当にそう思っていたとしても

そこに

「好き」

がないとなんか心に入らないって思うんです。

額面通りの言葉は、作られた感を持ってしまう。

SNSなんかで他者を褒めるコメントなんかでも、それは感じたりします。

SNSとかでちょっとの知り合いって存在がたくさんになったりしていると思う、そんな中、あまり知らない人を褒めたりしてる人もいるように思うんです。

それが悪いとは思わないんだけど、ちょっと褒めあえる相手なら、もう少し距離を縮めたりしたらいいと思ったりする。

なんとなく

儀礼的言葉や、額面通りの言葉がたくさんなのって寂しく思えたりする。

好きって気持ち大事な気がします。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとうございます。

ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

金曜日のランチは

ステーキランチ1000円です。

夜は変わり種のビールもご用意!

皆様のご来店お待ちしています。


[PR]
# by kamihikohki_s | 2017-06-23 00:20 | Trackback | Comments(0)