哲学的なことを考えたりするときもある

紙ひこうきはどんな店?って思ったらここをクリック

【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。
TEL 055-277-9880

・一月の企画や予約プラン、ランチカレンダーはここをクリック


・無とは何か?なんて哲学的なことをたまに考えたりする。

人は死んだらどこに行くのか?魂とは何か?

宇宙の果ては無という・・・・無というのはなんなのか?というと無は無だという。光がないということは暗闇❓暗闇があるということにはならないのか?

死後は魂が残るとか残らないとか・・・・・

色というのは太陽光が作り出すもので、光がなければ色はないとか・・・

何というか?僕らが見てる色は光の反射の類でしかなく青いものは青くないのか?とか・・・・・

なというか答えのないことを延々と頭を巡ったりする。各々の考えがあることはあるのだろがそれはどれも答えと呼べるものではない、単純に仮説に過ぎない。

そんな何というか一見無意味的に思えることを考えたりすると、思うんです。

本当はすべてのことに答えなど存在しないのではないか?なんてことを。

1+1=2から始まって本当はそうじゃないこともあったりするんじゃないか?

僕らは生きていくとなんらかの答えを求めてしまうことがある、しかしどんなことも万人が正解といえる答えなど本当は存在しないように思う、それはどんなものでも、どんな理論を用いてもそこにはその人も想いとか、仮説とかがいりくみ答えのような感じになるだけなんじゃないだろうか?

だからとか言うわけではないが・・・・・答えを探すことに多くの時間を費やす必要はない、答えを求める行為は必要なのかもしれない。

僕らは生きて進んできてるように思う、発展ということをして来たように思う、それを正解と位置付けたりしながら進んできたように感じるがそうだろうか?

正解などどこにもないのでは?だからなんというか?大人になるとこれは正解これは間違い的発想を持つがそれはさほど必要ではない、人生に○×は存在しないのではないか?

個人的な想いだけど、「いまがよければそれでいい」とかでもいいし、『楽しければいいじゃん』なんて言葉もそれはそれでいいのではないか?

何でもかんでも正解を探すのではなく、その時の想いをしっかり生きるということのほうがいいのでは?なんて訳の分からないことを考えたりするそんな夜です。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとう

ご来店いただいた皆様もありがとうございます。

土曜日のランチは

チキチリチーズのオムライス

から揚げ&オムレツ

です。

夜はお酒を飲みながら哲学など語ったりなんていかがでしょう?お酒も多種多様の取り揃えてあります。

皆様のご来店お待ちしてます。


[PR]
by kamihikohki_s | 2016-01-09 00:27 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamhiko.exblog.jp/tb/25251378
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 幸?不幸? 願ったり、祈ったり・・・・・ >>