過少?過大?

紙ひこうきはどんな店?って思ったらここをクリック



【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880






↑4月の予定はここクリック

・どこかに向かう時目標のゴールばかりに集中することに気を付けようなんて思ったりします。

まずは自分の立ち位置を知ることって大事なんじゃないかな?

目的地を設定しても現在地の設定が間違っていたら・・・・

例えばカーナビの設定で現在地設定が間違いなら目的地までの時間はおのずと違ってくるわけです。

自分の立ち位置を知る。

これって結構難しかったりすると思う。

ほとんどの人は自分とその周辺の中を中心に生きている。

当たり前のことだがそこより外の方が莫大なわけですよ。

僕も含め小さな社会の一員でしかないんです。

例えば大きな目標を立てるということはその小さな社会を出ることになる場合が多い。

小さな社会ですごい人も外に出てみたら普通だったりする。

小さな社会で目立たなくても外の社会には逆に才能を開花できたりする人も中に入るだろう。

そんな中で大事なのは自分の立ち位置を知るってことのように思う。

自分の評価って結構間違ってたりすることが多いがする。

過少であったり

過大であったり。

たいがいの場合は過大なんだと思う。

過少に評価できていれば目的まで少し余分に努力したりする。

しかし過大だというなればなめてかかってしまうこともある。

僕は最近思う。

人は自分にやさしい。

思っている以上に自分の正義や、自分の定義を信じてる感じが多いように思う。

もちろんそれは僕も含めだ。

つまり自身を信じること。

いうなれば自信過剰なところを持っている。

しかし、いろんなものは自分中心では回っていない。

各々違った正義や、定義を持っているわけです。

その違った正義や定義の中でそれなりの常識とか、それなりの平均を見極めることは結構難しかったりする。

そのそれなりの平均を見極めることが立ち位置を知ることにもつながるのかもしれない。

過大評価、自信過剰なんだということへ自覚を持つことも大事かもしれない。

かといってあまりに過小評価だと引っ込み思案してしまい目標設定の邪魔になる。

ちょっと自信足りないくらいがもしかしたらちょうどいいのかもしれない。

自分はできると思ってることもそこまでできてないことが多いことを頭に入れ。

そこからの努力を信じることが大事なのかもしれない。

今の自分をちょこっと下げて

未来の自分を信じるということが

目標へ向かう時必要な気持ちなんではないか?

なんてことを思う。

目標をちょこっと高くに見て

そこへのプロセスを信じる。

今の自分を信じ切るのではなく。

未来の自分を信じてみよう。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとう

ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

今日土曜日のランチも昨日に引き続き

新作オムライスです。

夜は見たことないお酒に出会えるかも?

レアなビールやウィスキー

格安なワイン

など取り揃えています。

皆様のご来店お待ちしています。


[PR]
by kamihikohki_s | 2017-04-15 10:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamhiko.exblog.jp/tb/26790147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 新作 がっかり >>