一生懸命になりすぎない。

お知らせ

5月13日は夜営業は貸し切り営業となります。



紙ひこうきはどんな店?って思ったらここをクリック



【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880

5月のお知らせは↑クリック



・必死になる。

一生懸命やる。

事は大事


でも・・・・・


ところどころでうまく抜くことをすることを覚えることも大事

精一杯やる。

しかしたいがいのことはそのあとにも続いていくわけです。

どこで頑張って、どこで抜くか?そこを考えて動くこと。

僕の好きなグランツールはだいたい200Kの道のりを21ステージ走る。

今回のジロは総距離は3572.2km。

休息日は3日しかない。

例えば初日に全速力で必死に走ったとしよう。

次の日の全速力は前日よりはるかに遅くなるだろう。

そこで序盤は静かにスタートするのが普通だったりする。

僕も最初観たとき驚いたが

200Kを超える山岳ステージの最初は本当にレース本番?と思うくらい和やかな映像だったりします。

別のチームの選手と談笑している映像が頻繁に流れたり。

ちょっと距離が延びると

食事とりながら談笑したりしている。

常に精一杯だと持たないことをよく知っている。

このブログで何度も書いたが

どんなことでも

「いざっ」

ってときにどれだけするか、どれだけできるか?ってことが大事だと思う。

普段がどうとか、ちょこっとの怠けなんてものはさほど重要ではない。

一生懸命になりすぎないことも大事なことなんだと思う。

でね、そこで大事だったりすることは自分の力を知っていくことだと思ったりする。

どれほどの力が自分にあるか?

余力をどれほど残すか?

自分のことを知っておかないと

単純に序盤のおさえた力が、本当にただの怠けになってしまう。

自分の力を過信せず、謙虚でもなくしっかり見極めることで

怠けは余力を残すためになる。

何といいましょうか己を知り一生懸命になりすぎないってことの大事さを

昨日もロードレースを見ていて思った初老でした。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとう

木曜日のランチは

オムハヤシ

辛豚チャーハンチーズの香

です。

暑い日はやっぱビール?

夜はちょっと普段見かけないビールも数種ご用意しています。

皆様のご来店お待ちしています。

[PR]
by kamihikohki_s | 2017-05-11 09:40 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kamhiko.exblog.jp/tb/26848527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ぬくもり ゆるみっぱなしは思ってるよりゆ... >>