2017年 05月 20日 ( 1 )

だいぶ前の話な気がしますが…

紙ひこうきはどんな店?って思ったらここをクリック



【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880

5月のお知らせは↑クリック



・ずいぶん前のやつですが…

亀田興毅に勝ったら1000万って番組を見ました。

番組自体も楽しませていただいたんですがね〜

その後の亀田興毅さんのブログがまた、いい!

人の良さが出てるんです。

かつてはいきがったポーズで相手をおちょくりまくってたボクサー

今回も試合前は謙虚な姿は見せなかったけど、

試合後相手を讃えるブログを更新していた。

そこに凄く他者への優しさを感じる文があったわけです。

人と関わりそこで相手を讃える。

簡単そうに見えて中々そうでもないことだと思うんだよねー

何というか、どんなイベントでも、その内容の感想や、自身の満足感をつたえるコメントは多い。

しかし、亀田興毅さんのブログは、自身のことは、本当疲れた的なことや、次はない的なことだけで、あとは関わった人への感謝と、賞賛を書く。

それも、ネットなんかで中傷コメントが多いことにたいして、丁寧にそうじゃないことを書いている。

かつて自身が炎上していただけにネットの意見の非情さを知ってるからこそ、彼なりの文を書いているのかもしれない。

なんというか、彼のブログを見ていて、イベントの終わりは新たな始まりということをしっかり感じさせてもらった。

僕らは何か大きなイベントが終わると、そこの終わりのあとは、中々切り替えないでひたったりしてしまう。

しかし、たいがいは、生きてる途中で、何かが終わっても、次はきてしまう。

亀田興毅さんはリングにまた登ることはないかもしれない、しかし、なんとなく、彼なりの区切りとなり、新たなスタートを切ったという感じを受けた。

終わった後…その時に見える心ってけっこう大事なことって思えた。
終わる→次への一歩

その一歩を出し間違えると向かう方向も違ってくる、終わった直後…その言動や、行動は、けっこう本質の部分なんではないか?

毎日夜がきて、次の日がはじまる。

終わったように見えた日にも次の一歩を踏み出してることを頭に入れておこうなんて思いました。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとうございます。

ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

土曜日のランチは

チキチリチーズのオムライス

スタミナ丼

です。

夜は変わり種のお酒も多数ご用意しています。

皆様のご来店お待ちしています。

[PR]
by kamihikohki_s | 2017-05-20 00:25 | Trackback | Comments(0)