人気ブログランキング |

おいべっさんと不思議な母子

・読了

おいべっさんと不思議な母子

喜多川 泰/サンマーク出版

undefined




なんとなく思ったのがいつの時代も子供の抱えてる社会は変わらない。

いじめがあったり、威張ってるやつがいたり、それに従う多くのものがいる。

僕の時代もそうだったように、子供だからってわけではなく小さくても立派なsy買いがそこにはあるように感じた。

喜多川泰さんの本はいつも心にくる言葉をくれる。

今回の本もたくさんあった。

ケガをしすることを恐れるようになっては、肝心なところで勇気が出なくなってしまいます。身体を張ってでも正義を通すべきときに、ケガすることを恐れて、無関心を装い逃げるような大人になってもらっては困ります。
p52
正義ではなく、声を大にして主張する者の天下なのだ。
p100
「みんながそう言ってる」というだけで盲目的に従ってしまう。
p118
みんながたくさん、いろんな失敗ができる場所にしよう。そしてそこから立ち上がる勇気を応援してあげる。
p135
運の悪い子はね、悪いことしても見つからないのよ
p152
運悪く、誰にもバレてないのを「運がいい」と勘違いして、
p160

昔と今で違うとこがあるとすれば

大人が臆病になりすぎて、失敗を恐れ、子供にも失敗させないように考えてしまうことかもしれない。

多くは失敗から学ぶ。

失敗させないことが大事ではなく

失敗して学ぶことが大事なんですよね。

それは大人にも言える。

失敗を恐れすぎないことけっこう悲痛なんではないだろうか?

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとうござい

ご来店いただいた皆様ありがとうございます


土曜日のランチは

ツナクリームのオムライス

です。

夜は変わり種のお酒も多数ご用意しています。

皆様のご来店お待ちしています。

紙ひこうきのホームページができました。







【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880


2月のチラシやランチメニューはこちらをクリック↓

by kamihikohki_s | 2019-02-16 10:09 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kamhiko.exblog.jp/tb/29259252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 感情、感覚? かっこいい >>