人気ブログランキング |

2009年 11月 18日 ( 1 )

言の葉

・言葉を重ね、会話になる。


言葉ってのは、言の葉と書くわけです。


葉には、やはり、枝や、幹がなくては、ひらひら、まっていってしまうわけです。


それでは、言の葉の幹ってなんなんでしょうか?


ありきたりに、聞こえるかもしれませんが、『心』だと思います。


そこが、しっかりしておもいやりという枝を通して言の葉となるんじゃないかなぁー。

幹だけでも、やはりダメで、そこに、おもいやりという『枝』があってはじめて、葉がなる。


なんて言いましょうか、思うに、外に色づきを見せる、言葉 も、心がなければ、散り落ちるだけです。

そして、『枝』がなくても、やはり散り落ち、幹がいくらしっかりしといても、それが、色づきを見せる事は、難しい。


自身の心だけじゃなく、おもいやりがなければ、言の葉は、散り落ちるだけ。

言の葉を大事にする事は、自身の心を大切にしなくては。
言の葉を伝えるためには、おもいやりを大切にしなくては。


そんなこと、考える、雨の1日でした。


今日も『紙ひこうき日和』を読んでくれた事、嬉しく思います。『ありがとう』
17日、平日の雨にもかかわらず、『和風洋食屋紙ひこうき』に足を運んでいただきありがとうございます。

18日(水)は、定休日です。


木曜日19日より、また、皆様のご来店、心より、お待ち申し上げます。

追伸

本日、雨の中、わざわざ、バスを使って来てくれた事に、感激です、ありがとう。

また、本日、結婚のご報告をしにわざわざ来てくれた事も、感激です。
本当に、本当に、幸せをお祈りしています。

追伸に、個人的なメッセージをのせ失礼しました。
by kamihikohki_s | 2009-11-18 02:22 | Trackback | Comments(0)