人気ブログランキング |

2014年 10月 26日 ( 1 )

あなたはどこまでサポートに責任を感じますか?

あなたはどこまでサポートに責任を感じますか?_b0129362_10432426.jpg


紙ひこうきってどんなお店?って思ったらここをクリック
10月のチラシや企画はここをクリックしてね!!

そして10月、11月は2015年のキャッチコピーを大募集!!
続々と応募いただいてます!!
あなたのセンスで紙ひこうきの一年を彩ってくださ~い。
採用者5000円のサービス券プレゼントですよ~。

募集の情報はここクリック

・あなたはどこまで主役の為にアシストできますか?
あなたはどこまで他者のために犠牲を払えますか?

・・・・・そんなことを考えさせられるスポーツがたまたま今日休憩時間にテレビをつけたらやっていた。

自転車・・・・・サイクルレース…ツールドフランス。

知ってますか?ツールドフランスって?僕は何年か前に見て面白くたまに見たりしたんですよ~

自転車のロードレース、一見個人競技に感じるしその色合いもあったりするんだけど、かなり心理戦が重要なチームスポーツなんですよ~。

簡単に言うと・・・・ツールドフランスの場合チーム9名で、1人あるいは2人のエースとそれをサポートするアシストにわかれます。
 ただ、個人総合成績1位(マイヨジョーヌ)、山岳賞(マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ)メジャーな賞は個人に与えられます。各チームはこれらの賞をエースに取らせるために戦略をねり、チーム全員がそのために行動します。それゆえ、各チームのエースがこれらの賞を獲得したということはチームとして獲得したということに他ならないのです。

なんて感じです。

ってことは賞は、あくまでも個人賞なわけです、もちろんメディアなどの注目も圧倒的に個人に注がれるんです。

つまり、『サポート』はあくまでも『裏方』といえてしまうんです。ツールドフランスに出る人たちはそれはとても大きな実力もある、その中で、エースの為に『裏方』に徹する。

なんというかすごいな~っておもうんです。

ただ、その『裏方』というのは『プロの裏方じゃなきゃダメ』なんじゃないでしょうか?

二番手がいいとか、サポート役が得意とかいう言葉もあるんですが、それは『サポートのプロ』ではないように聞こえる、大きな責任からさけてる言葉な気もする。

このツールのサポートは本気でエースが勝てないことは自分の責任という考えがしっかりあり、そこにしっかり責任というものを持ってるって思うんです。

その責任を持ってる中で、『裏方』というものができるという心になんか尊敬してしまうんですよね~

どんなことでも自分の役割に責任ってものをしっかり持つことってすごく大切だと思うんです。その結果が自分でない誰かの賞賛のためであっても、自分の責任をしっかり持つ。こっれって大切だし、すごいことだな~なんてツールドフランスのyoutube を見たりなんかして思ったりしました。

称賛されないとこでもしっかりする!称賛されるのが自分じゃなくても責任を持つ!そんな心をしっかり持っていたいなんて思います。




今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとうございます。

ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

日曜日のランチは

オムカレー

ポークジンジャー

です。

夜はお酒も充実!!飲み放題も好評実施中!!大小宴会、忘新年会、女子会などのご予約も受け付けております。

皆様のご来店、ご予約お待ちしています。


by kamihikohki_s | 2014-10-26 00:53 | Trackback | Comments(0)