2018年 10月 11日 ( 1 )

頑張る※顔晴るじゃない

紙ひこうきのホームページができました。






【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880


10月のチラシやランチメニューはこちらをクリック↓


・頑張るということを考える。

頑張らなければならない時頑張れるかどうかってことが大事。

普段という時がある。

普段から頑張ってるなんて言う人もいるし、普段から頑張ればいいなんていう人もいる。

しかし生きてると沿うて内のことばかりではない。

かれこれ人生というものを半分終えて思うことは・・・・

想定外はけっこう起こる。


いうなれば起こって当たり前だ。

世界は個々に都合よく回るはずはない。

どんなに頑張っていても、それ以上の頑張りを強いられる時もある。

頑張るというのは個々の感じ方で違う。

こんなに頑張っているといってもそれ以上が残されてないほど普段は頑張らないと思う。

しかし時にもうこれ以上は・・・・・とか

限界と思うほど頑張らなければならないこともある。

そんな時こそ


頑張るという言葉の意味を知るのかもしれないなんて思う。

以前頑張るより顔晴るの方がなんかいいなんて書いたが。

普段の頑張りは顔や心が晴れるようにすることでいいし、普段からそれ以上である必要はない。

しかし

「いざっ」とか、「しかない」ときというのは

まさに

頑なに張りつめてでもやるということなのかもしれない。

好きなことを頑張ればいいなんていう人もいるし、そんな言葉がたくさん本やネットで躍る

そうじゃない時も仕方なかろうが、いいとか悪いとか考える余地もない時だってあるのだ。

その時

頑張ること


それができるということは心が鍛えられてるということなのではないか?

逃げtもいい、負けてもいい、頑張らなくていい

なんて昨今歌があったり本があったりするが

そうじゃない時、それではダメなときもあるんだ。

そこで頑張る心を持っていることはすごいことなんだと思うし、そこで頑張れる人は強くたくましく見える。

そりゃ逃げてもいいなら逃げればいい

負けてもいいなら負ければいい

しかし

「いざっ」

ってときは頑張れる

という心の強さは

培っとく必要はあるのではないか?

そんなことを思う今日この頃です。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとう

木曜日も

引き続き

オムライス200円引き

です。


夜は変わり種のお酒も多数ご用意しています。

皆様のご来店お待ちしています。

[PR]
by kamihikohki_s | 2018-10-11 09:50 | Trackback | Comments(0)