遠くの他人

紙ひこうきのホームページができました。






【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880


10月のチラシやランチメニューはこちらをクリック↓


・遠くの親戚より、近くの他人

なんて言葉がある。

たしかにそういう時もある。

近くの身内より、遠くの他人

なんて言葉はないけど

そういうのもあるって思う。

例えばなんか悩んだり、滅入ったりしてる時、近い間柄だと素直になれなかったりすることがある、そんな時、本の一文に励まされたり、歌の一節に勇気がもらえたりもする。

アドバイスとか、忠告とかって近い人の言葉って中々聞き入れるのって難しかったりするよねー

だからってわけじゃないけど、本を読んだりとかっていいって思うんだよねー

反発したくてもできないし、読むことでいったんきちんと自分に入れることが出来るって思うのです。

まぁ、身近な意見もきちんと聞くことも必要かもしれないけど難しいから、時に遠くの近くない意見を見たりするのって必要かな?

なんて思います。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとうございます。

ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

火曜日のランチは

イタリアンスープオムライス

です。


夜はBAR感覚でお酒も楽しめたりします。

火曜日も皆さまのご来店お待ちしています。

[PR]
# by kamihikohki_s | 2018-10-16 09:30 | Trackback | Comments(0)

自分の人生

紙ひこうきのホームページができました。






【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880


10月のチラシやランチメニューはこちらをクリック↓


自分の人生を自分の人生として生きるのは、何気に難しい。

いろんなことは、なんらかの『せい』に出来る。

あの人のせい、あの時のせい、上司のせい、親のせい、国のせい、時代のせい…

それらは自分でどうにかすることに馬鹿馬鹿しさを感じさせる。

『だって〜』他が悪いんだから…ということで自らなにかの行動になるかとは少ない。

それは自らの行動を他の人や、他の事柄に委ねているということになるのではないか?

たしかに生きている中には外的要因により、不利益を被ることは少なくない。

しかし、その中にも『出来ること』を探るという思想を持つかとは大事だと思うのです。

主人公になる。

物語はたいがい主人公がフューチャーされる。

その主人公の主体性により物語は進んでいくものを多く見受ける。

自分の人生はあくまで誰が主人公ではなく、自分であることは間違いなく確かなことだ。

自ら以外に委ねてしまう主人公では、面白味はかけてしまう。

自らの『良心』に基づいた決断こそがワクワクや、楽しさをを作って行くのではないだろうか?

自らの脚本で僕らは動く、他者による想定外は当然起きるがその中にも自らに出来ることを探ることで外的要因にも主体性を入れ込むことが
自らの人生を歩んで行くことになるのではないか?

…長々と書いたが…人生半分過ぎた私もまだまだ自分の人生の半分くらいは他者に委ねてしまっている気がする。

何々のせいを出来る限り主体的な思想に持っていくことを心がけたいなんて思う。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとう

ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

月曜日のランチは

ツナクリームオムライス(初登場)

夜は変わり種のお酒も多数ご用意しています。

皆様のご来店お待ちしています。



[PR]
# by kamihikohki_s | 2018-10-15 10:00 | Trackback | Comments(0)

読了

紙ひこうきのホームページができました。






【お願い】
紙ひこうきは共同店舗のため駐車場に限りがあります。駐車場がいっぱいでも空席の時も多々ございます、駐車できる場所のご案内をいたしますので一度お電話をいただけると嬉しく思います。団体様などはできる限り乗り合わせてのご来店お願いいたします。

TEL
 
 055-277-9880


10月のチラシやランチメニューはこちらをクリック↓


・本を読む。

最近読んだのは

ボクたちはみんな大人になれなかった

燃え殻/新潮社

undefined




言葉にリズムがあってすごく読みやすいい小説でした。

内容も弱い男心を描き、何物でもない自分というものを考えさせられた。

幸せとは?

愛とは?

答えのない問いを僕らは探す。

その子と絵は常に変わっていくし、正解と思えるものはない。

しかしそこを探す。

成功とは?

仕事とは?


いくつになっても見つからない答えをずいぶん前から探していたことを気付かされた。

ハッピーエンドでもバットエンドでもない。

変化し続ける時代を僕らは生きていて、変化し続ける価値観に翻弄されながら生きている。

答えなどたぶんこれからも見つかることはないだろう。

しかしこれからも僕らは探し続けるのだろう。

なんとなくそんなことを思った小説です。

気になった方は是非読んでみてください。

今日も紙ひこうき日和を読んでいただきありがとう


ご来店いただいた皆様ありがとうございます。

本日のランチも引き続きオムライスすべて200円引きです。

夜は変わり種のお酒も多数ご用意しています。

皆様のご来店お待ちしています。

[PR]
# by kamihikohki_s | 2018-10-14 10:07 | Trackback | Comments(0)